イベント情報

特別だけど日常。世界でここだけの「市民とともに歩むオーケストラ」の演奏会へ行きませんか? 44回目を迎える「日フィル九州公演」まであと2ヶ月です。

クラシックの演奏会に行きませんか?
私は残念ながら、いまだかつてそんな素敵なお誘いを受けたことはありません。ですが本日はみなさまに言いたい。「クラシックの演奏会に行きませんか? 生の演奏はそれはそれは素晴らしいから」。

世界でもここだけ? 44回目を迎える日フィル九州公演

日本フィルハーモニー交響楽団、通称”日フィル”と呼ばれる交響楽団があります。2月8日の長崎公演を皮切りに、各地全10公演開催される九州公演は、なんと2019年で44回目を迎えます。国内外の歴史あるクラシック公演情報を探しても、ある地域に絞ってそれだけの回数を重ねてキャラバン公演をする楽団は、他に見当たりません。ではなぜ日フィルは九州公演を44回も重ねているのでしょうか?

その理由は、日フィルが「市民とともに歩むオーケストラ」だから。

Pre-con Sugahara_101

大牟田市内の病院が提供したホールで開催されたプレコンサートの様子。本格的な演奏がこの距離で楽しめる文化が43回の歴史を物語る

そんな九州と縁の深い日フィルについて、アナバナでは1月から3回に渡って、大牟田公演を中心にご紹介予定です。詳しくは後日、記事をご覧いただきたいのですが、私は今回の取材(まだ途中)を通じて、楽団員の九州への特別な思い入れと、市民のみなさまが温かく楽団を受け入れ、九州公演を心待ちにする様子に、クラシックの演奏会は敷居の高い特別なものという先入観が吹っ飛びました。

九州公演は日フィルの誇り

現在、日本オーケストラ連盟に加盟するプロオーケストラは36団体あります。日フィルはその加盟団体のひとつですが、その成り立ちは、少し複雑で、特別です。

楽団が創立されたのは1956年のこと。創立62年を迎える歴史ある楽団は、1972年に一度解散の運命に晒されます。スポンサーが不在になるという事態に見舞われたのです。そこから再び立ち上がり、現在に至るまで数多くの公演をこなす楽団の原動力となっているのが「オーケストラを絶やしたくない」という市民の声でした。

80人を超えるオーケストラを率い、各地で演奏会を開くために先立つのはやっぱり資金です。企業やサプライヤーといわれるようなスポンサーのバックアップによって運営されることが定石の中、日フィルは「市民とともに歩むオーケストラ」をスローガンに、長きに渡ってまちに美しい音楽を届けてきました。大牟田公演の事務局長を務める上野由幾恵氏は、「市民が支えるオーケストラというのは、世界でも類をみない存在」とおっしゃいます。それほど市民との強いつながりが、九州での43回の公演を支えてきました。

今回、44回目の公演で指揮を務める藤岡幸夫氏は、12月に行われた記者発表の中で、九州公演は「日フィルの誇りだ」とおっしゃったのが印象的でした。単に演奏会をするのではなく、地域の人たちと共に音楽会演奏会をつくるという感覚があるといいます。そうした感覚を持つ楽団員による演奏は、演奏そのものの特別感はもちろん、他にはない親しみやすさと、特別だけど日常感という、楽団とお客との不思議な一体感をもたらすのだと思います。

press_release

記者発表の様子。和やかな雰囲気の中、九州公演への思いを熱く語る楽団員の言葉に公演への期待感が高まります。(写真右から指揮者藤岡幸夫氏、ソリストを務めるチェロ奏者横坂源氏、ピアノの萩原麻未氏、ピアノ古賀大路氏)

公演まであと2ヶ月。チケットは絶賛発売中です。(■日フィル公式サイト
私も待ち遠しい気持ちを楽しみながら、クラシックの情報を色々とかじっている毎日です。

2月まで待ちきれない!という方に朗報です。大牟田市では、2月の本公演を前に、1月13日と20日に事務局長上野さんの営む「コーヒーサロンはら」にて、演奏会がひらかれます。現在活躍している若手実力派ピアニストの2人が本公演で演奏される曲を演奏します。曲の解説付きとのこと! 詳しくは下記をご覧ください。
ご友人やご家族を誘って、クラシックの演奏会に行きましょうー!

【第44回九州公演-全10公演】
詳細は公式サイトへ(■日フィル公式WEBサイト

開催地】:長崎、佐賀、北九州、唐津、宮崎、大分、大牟田、福岡、熊本、鹿児島

【第44回九州公演-日本フィルin 九州 大牟田公演】(■大牟田日フィルの会WEBサイト

【開催日】: 2019年2月16日(土)
      開場13:30 開演14:00
【会 場】: 大牟田文化会館 大ホール(大牟田市不知火町2-10-2)
[出演者]
指揮:藤岡幸夫
ピアノ:萩原麻未

[プログラム]
ムソルグスキー(R=コルサコフ編曲):歌劇《ホヴァンシチーナ》より序曲「モスクワ川の夜明け」
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番
ムソルグスキー(ラヴェル編曲):組曲《展覧会の絵》

※開場時にロビーでウェルカムコンサートを開催します。
※開演10分前から藤岡幸夫さんによるプレトークを行います。

https://www.japanphil.or.jp/concert/23468

【料金】
SS席:7,000円(指定席)
S席:6,500円(指定席)
A席:6,000円(指定席)
B席:5,000円(指定席)
車椅子席・母子室:3,500円(※) 
学生席:各料金の半額(小学生~大学生)

※未就学児の入場はできません。
※学生席は、購入時に年齢が確認できるものの提示をお願いします。
※車椅子席・母子室の取り扱いは事務局と大牟田文化会館のみ


チケットのお申し込み方法は、こちらよりご確認ください。

1:大牟田日本フィルの会(電話予約・Web予約・事務局にて直接購入)
TEL 0944-53-0430

FAX 0944-53-0426

[Web予約申し込みフォーム]
https://goo.gl/forms/q8A1A6XFc5nw8OYH2

※電話・Web予約の場合、支払い方法は事務局(コーヒーサロンはら)もしくは振込用紙による現金支払になります。

2:ローソンチケット
0570-084-008(Lコード 84340)

3:チケットぴあ
0570-02-9999(Pコード 129-799)
ファミリーマートでお求めの際はチケットぴあで予約後、ファミボードでご購入下さい。

4:その他販売店にて
大牟田文化会館・小川楽器
玉名市民会館・久留米シティプラザ情報サテライト
荒尾総合文化センター・長洲未来館

※チケットが1枚付いてくる賛助会員もあります。特典内容および申し込みについては、お問い合わせ下さい。

【お問い合わせ】
大牟田日本フィルの会事務局
〒836-0046
福岡県大牟田市本町1-2-19 コーヒーサロンはら内
TEL:0944-53-0430 
MAIL: japanphil.omutasprt@gmail.com
WEB:https://omuta-japanphil.amebaownd.com/

FB https://facebook.com/omuta.japanphil/
instagram:https://www.instagram.com/omuta.japanphil/
Omuta_flyer_omo 【大牟田日フィルの会直前プレコンサート】

1901_pre1

(編集部 曽我/写真 大牟田日フィルの会事務局撮影)


POPULARITY 人気の記事

PAGE TOP